あたたかい言葉 - 高校時代の交換日記

あたたかい言葉

あたたかい言葉

すべてが

   みにくく見えるとき

どんな美しいものでも

   醜く見えるとき

どんなうまい料理も

   まずく思えるとき

一人の人間のあたたかい言葉が

   その人にとっては、

       すべてなんです。

..........................................................................................

この詩はなんと言ったらいいのかわかりませんね。

きっと、私が孤独を感じていた時に書いた詩なんだということは

わかりますが。。


私は高校3年の頃に、野球部が終わり、

いよいよ、大学受験というときに

よく、高校の図書館や、市の図書館に行って

勉強しようとしたのもですが、

なにげなく、誰か有名な人の詩を読んだり

していました。

先回も言ったと思いますが、

ヘッセの流れるようなきれいな描写がとっても好きで、

よく読んだものです。

この詩はちょっと短すぎて言わんとすることが

単純に感じますね。

まだまだですね。

続きはここから


これを読んでいただいているあなたがもしも、

高校生だったら、

是非、私の様に詩を書いてみたらいいと思います。

20年後、40年後に読んでみると結構面白い発見がありますよ。

下手でもいいんです。

ブログに最初から、

書いてみてもいいかもしれませんね。

これ、お勧めです。

もしも、あなたが高校生じゃなくても、

何か書いて記録に残してみてはいかがでしょうか?


2012-05-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © 高校時代の交換日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。